MARTIN D-35 1975 EX+++ OHC ¥341,000
D-35は1965年の発売以来、その伸びやかで優しい響きで現在まで人気の高いマーチンのスタンダードモデルです。
薄いブレイシング構造のため、中低音の甘く伸びやかなサウンドとなっており、軽いタッチでもレスポンスがバツグンに良く、フィンガーピッキングが中心の弾き語りが多いフォーク系のアーチストに特に愛用されてきました。特にグローバーペグ、ブルーケースの1970年代スペックは高い人気があります。
女性でも演奏しやすく、イルカさんが長年愛用されていることでも有名ですね。
トップはスプルース、ローズウッドの3ピースバック、エボニー指板、エボニーブリッジです。ペグはグローバー102Cで動作はスムーズです。ピックガードはオリジナルでマーチンクラックはありません。
トップにウェザーチェックや表面的な擦りキズがありますが、この年代の楽器としてはかなり綺麗なコンディションです。
ナット、サドル、フレットは交換調整済みで、弾き易くセットされています。
ナット部幅42.7ミリ程度のレギュラーグリップネックです。
12フレット上で6弦2.6ミリ、1弦1.9ミリ程度のセッティングで、弾き易くバランスの良い高さです。サドルの高さにはかなり余裕がありますので、低くセットすることも簡単です。
ふくよかで、伸びやか、深い響きの箱鳴りで鳴りです。6弦の鳴りは太く体に響いて来る感じです。しっかりとボリュームがあり、高音は繊細で美しく、全体に優しいバランスの良いサウンドです。強いタッチの演奏では低音がボンボン鳴り過ぎなくらいの豊かな箱鳴りがあります。軽めのタッチで弾いた時は粒立ちが良く綺麗なバツグンの音で鳴りますので、どちらかというとフィンガーピッキングや軽快なタッチのストロークで弾き語りとかに合うと思います。
指弾きでの美しいトーンは70年代D-35の特徴で、この楽器の一番の魅力です。
オリジナルのブルーケース付きで、これも貴重です。1970年代当時はこのケースを持ち歩くのがステータスでした。

MARTIN D 35 1975 動画紹介!

出張買取はじめました!お気軽にご相談ください!
Woodman Instruments
千代田区神田小川町2-10 宇野ビル2F
毎週水曜定休 営業時間 AM11:00〜PM8:00

お問い合わせは woodman@woodman.co.jp
TEL 03-5283-3422 FAX 03-5283-3423