GIBSON LG-2 1951 EX+++ HC ¥462,000 SOLD
スモールガードの初期スペック、枯れた豊かな響きのビンテージです。
LG-2は1942年からそれまでのL-00シリーズに変わって生産が開始されたたギブソンを代表するコンパクトモデルです。1963年にはB-25に変わりますが70年代初頭まで長く制作されていた人気モデルです。
コンパクトながら低音に力があり、かといって低音が出すぎないバランスが良い感じがいろいろなミュージシャンに支持されています。
特にこの初期のスモールガードのモデルは、音に深みがあり、鳴りが豊かで高い人気があります。
トップはスプルース、サイド、バックはマホガニー、ハカランダ指板、ハカランダブリッジです。
ペグはクルーソンタイプ3連で渋いビンテージフィニッシュ、チューニングはスムーズです。前に他のペグを付けていた穴加工、ビス跡があります。綺麗に仕上げてありますので、気にならない状態です。
ナット、フレット、サドルは新しく交換再調整済みで良いコンディションです。
ウェザーチェックはバリバリ、細かなキズもかなりあります。塗装の色合いも焼けて渋い雰囲気になっています。ネックバックローポジションに長年の演奏で塗装剥がれがあります。
エンドジャック穴加工されており、現在はコンバージョンピンがセットされています。ピックアップを付ける場合はそのまま加工無しでジャックセット出来ます。
大きな割れやリペアー履歴は無く、見た目の渋さの割に良いコンディションです。
ナット部幅42.5ミリ程度で気持ち太目のレギュラーグリップです
12フレット上で6弦2.6ミリ、1弦1.6ミリ程度で、弾き易すくピッチバランスの良いセッティングです。
アジャストロッドもしっかりと効いて余裕があり、サドルの高さもまだ調整可能です。
この年代のギブソンらしい大味で乾いた感じの深みのある箱鳴りです。後年のモデルほど硬質感はなくて、適度にバランスの良さを感じられる音です。
渋い泥臭い味もあり、ブルースやラグタイムっぽいフレーズに合います。
ストロークで弾いた音もバランスが良く、暖かみのある、それでいて芯のしっかりした雰囲気があるビンテージサウンドです。
コンパクトな見た目以上に鳴る感のある楽器です。
汎用のハードケース付きです。

GIBSON LG 2 1951 動画紹介!

出張買取はじめました!お気軽にご相談ください!
Woodman Instruments
千代田区神田小川町2-10 宇野ビル2F
毎週水曜定休 営業時間 AM11:00〜PM8:00

お問い合わせは woodman@woodman.co.jp
TEL 03-5283-3422 FAX 03-5283-3423